おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

「リグレット(regret)」の意味と使い方、例文をご紹介!

「後悔」の英語表現と聞くと、「regret(リグレット)」を思い浮かべる方は多いことでしょう。

では、「regret(リグレット)」を使って、どのように後悔を表現できるでしょうか?

kiminiオンライン英会話がおすすめの人
kiminiオンライン英会話

kimini英会話は「コスパ満足度が高い思う」「英会話初心者おすすめ」「子どもに受けさせたい」、オンライン英会話で3冠達成しているサービスです。

通学の必要もなく「高品質の英語」を学習することができます。

kiminiオンライン英会話がおすすめの人
  • 英語初心者で自信がない
  • オンライン英会話が初めて
  • 他のオンライン英会話で上手くいかなかった
  • ビジネス英語を学びたい

今なら月額1,078円から始められます
この機会にお試しレッスンで、高品質レッスンを体験してみてください。

【目次】 この記事でわかること

「リグレット」の意味と使い方

英語「regret(リグレット)」の名詞には「後悔」「悔い」「残念」「遺憾」「悲しみ」、動詞には「~を後悔する」「~を残念に思う」などの意味があります。

動詞regretは、次のように使います。

1.「regret ○○ing」(~したことを後悔する)

2.「regret to ~ + 動詞の原形」(残念ながら~する)

では、それぞれの使い方と例文をみてみましょう。

1.「regret ○○ing」の使い方と例文

「regret ○○ing」は、「regret」が現在形、「doing(動詞+ing)」は現在進行形です。過去の行為を後悔するときに「○○を後悔する」と表現できます。

また、「regret not 〇〇ing」で、「○○しなかったことを後悔する」の意味になります。

I regret studying abroad.

(私は留学したことを後悔しています。)

I regret that I moved here.

(私はここに引っ越したことを後悔しています。)

I regret not having bought that necklace.

(あのネックレスを買わなかったことを後悔しています。)

I will regret it.

(わたしはそのことを後悔するでしょう。)

2.「regret to ~+ 動詞の原形」の使い方と例文

「regret to + 動詞の原形」で、「残念ながら~する」という意味になります。

I regret to see you go back to Japan.

(あなたが日本に帰ってしまうのは残念です。)

I regret to say that your mother is dying now.

(残念ですが、あなたのお母さんは危篤の状態です。)

まとめ

今回は「後悔」を意味する英単語「リグレット(regat)」の使い方をご紹介しました。

「regat」は「~を後悔」するだけでなく、「残念ながら~をする」という全く別の意味もあります。文法の使い方を間違えないようにしましょう。

おすすめの初心者向けオンライン英会話

無料体験回数が豊富で気軽に始められるおすすめのオンライン英会話を紹介をします。

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

【目次】 この記事でわかること