おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

仕事を意味する「job」と「work」の違いとは?意味・使い分けを解説

英語で仕事を意味する「job」と「work」。この2つの単語は同じ意味ですが、それぞれ特徴があります。そのため、上手に使い分けなければいけません。今回は両者の違い、意味、使い分けをご紹介します。

kiminiオンライン英会話がおすすめの人
kiminiオンライン英会話

kimini英会話は「コスパ満足度が高い思う」「英会話初心者おすすめ」「子どもに受けさせたい」、オンライン英会話で3冠達成しているサービスです。

通学の必要もなく「高品質の英語」を学習することができます。

kiminiオンライン英会話がおすすめの人
  • 英語初心者で自信がない
  • オンライン英会話が初めて
  • 他のオンライン英会話で上手くいかなかった
  • ビジネス英語を学びたい

今なら月額1,078円から始められます
この機会にお試しレッスンで、高品質レッスンを体験してみてください。

【目次】 この記事でわかること

「job」と「work」の意味

「job」の意味

「job」は、名詞です。収入を稼ぐために「職」「職業」「勤め口」、なすべき「仕事」「作業」などを意味します。よって、動詞での「働く」の意味はありません。また、「job」は、労働の対価として賃金が発生する仕事を指します。

なお、「job」での仕事は、「jobs」と複数形にできる「可算名詞」です。次のように使うことができます。

例文:I have two jobs. I am a comedian and a manager.

(わたしは2つの仕事をしています。コメディアンとマネジャーをしています。)

「work」の意味

「work」は、名詞と動詞で使えます。「仕事を持っている」「勤めている」「雇われている」「働く」「任務」「勤め」「労働する」「仕事(作業)をする」など働くという行為全体を表現できます。

これには、報酬が発生しない仕事やボランティアも含まれます。「work」を「仕事」という名詞で使う場合は「不可算名詞」なので、「jobs」のように複数形にすることはできません。

なお、「work」には、「作品」という意味で使われることもあります。この場合は「可算名詞」になるため複数形にできます。

例文:She has two works.(彼女は2つの作品を持っています。)

「job」と「work」の違い

「job」と「work」の違いをまとめると、次のようになります。

【job】

・名詞

・可算名詞

【work】

・名詞と動詞

・不可算名詞

「job」の使い方と例文

a job offer

(求人)

a job interview / an interview for a job

(仕事の面接)

What is your job?

(あなたの仕事は何ですか?)

What kind of job?

(どんな仕事ですか?)

Good job!

(ご苦労様です!)

I’ve found a new job.

(新しい仕事を見つけました。)

I like my job.

(わたしは自分の仕事が好きです。)

I’ll quit my job.

(わたしは仕事を辞めるつもりです。)

I am looking for a job.

(私は仕事を探しています。)

「work」の使い方と例文

Where do you work?

(どこで働いていますか?/職場はどこですか?)

I’m going to work.

(仕事に行きます。)

I’m not working today.

(今日は仕事は休みです。)

I have to go to work today.

(今日は仕事に行かければいけません。)

I have a lot of work to do this weekend.

(今週末はしなければならない仕事がたくさんあります。)

I quit work after only three days.

(私はたったの3日で仕事をやめました。)

work + 前置詞

work at ~./ work in ~.(~で働く)

I work at home.

(わたしは家で働きます。)

I work at night.

(わたしは夜間に働きます。)

I work in the garden.

(わたしは庭仕事をします。)

I work in sales.

(私は営業職です。)

I work in Tokyo.

(私は東京に勤務しています。)

work for ~.(~のために働く)

「work for ~.」の「for」のあとに、会社名や上司名をいれると「~のために」を意味します。その他にも以下のように使えます。

I work for this company.

(わたしはこの会社のために働きます。)

Who do you work for?

(どちらに勤務されてますか?)

Thank you for your (hard) work.

(お仕事、お疲れさまです。)

work on ~.(~を行っている)

「<h4>work on ~.」で、急いでいることや取組んでいることを表現できます。

I work on a task.

(わたしは仕事に取り組みます。)

I work on electrical equipment.

(わたしは電気設備工事をしています。)

work with ~.(~と働いている)

「work with ~.」で「~と働く」「~を扱う仕事をする」を表現できます。

I work with Sofia.

(わたしはソフィアと一緒に働いています。)

I work with energy.

(わたしは精力的に働きます。)

Are you through with your work?

(仕事は終わりましたか?)

その他の「仕事」を意味する英語表現

「job」と「work」以外にも、仕事を意味する英語表現があります。代表的なものとして、

1.business

2.occupation

3.chore

4.task

5.vocation

6.labor

などを挙げることができます。では、それぞれの意味と使い方をみてみましょう。

1.business

「business(ビジネス)」も「仕事」を意味しますが、主に「商売」や「事業」「取引」などの仕事を指して使います。

He is away on a business trip.

(彼は出張中です。)

I have business with a Singapore company.

(私はシンガポールの会社と仕事をしています。)

I started a business.

(私は起業しました。)

2.occupation

「occupation(オキュペーション)」は、「職業」「業務」のことです。海外旅行の際に記入する入国カードには「occupation」という項目欄があります。主に公的機関の書類で使われています。

What is your occupation?

(あなたの職業は何ですか?)

My occupation is a  doctor.

(私の職業は、医者です。)

She is a teacher by occupation.

(彼女の職業は、先生です。)

3.chore

「chore(チョアー)」は、家事などの「毎日の仕事」「雑用」「決まりきった仕事」などを意味する名詞です。「Job」と置き換えることも可能です。

I do household chores.

(私は家事をします。)

When do you do your household chores?

(あなたはいつ家事をするのですか?)

She does many chores around the house.

(彼女は家事をたくさんしています。)

4.task

「task(タスク)」は、やるべき「仕事」「任務」「作業」のことです。動詞の場合は、「仕事を課す」「業務をこなす」などのニュアンスになります。

It is not an easy task.

(この仕事は容易ではありません。)

Please concentrate on the task at hand.

(目の前にある作業にに集中して下さい。)

I have to get this task done by 6 PM.

(私は午後6時までにこの仕事を終わらせなければいけません。)

5.Vocation

「Vocation(ヴァゥケイション)」には、「天職」や「適職」の意味があります。

I found one’s vocation.

(私は天職を見つけました。)

I have a vocation for nursing.

(私は看護を転職と考えます。)

6.labor

「labor(レイバー)」は、肉体的・精神的な「労働」「働き」「骨折り」を意味します。また「陣痛」や「苦しみ」などの意味もあります。

He is manual labor.

(彼は肉体労働者です。)

She had difficult labor.

(彼女は難産でした。)

まとめ

仕事を意味する「job」と「work」の意味の違いや使い方、その他の仕事に関する表現をご紹介しました。

英語には、様々な仕事に関する単語が存在し、特徴があります。状況に合った適切な表現ができるようにしましょう。

おすすめの初心者向けオンライン英会話

無料体験回数が豊富で気軽に始められるおすすめのオンライン英会話を紹介をします。

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

【目次】 この記事でわかること