おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

「頑張る」「頑張って」は英語で何と言う?今すぐ使えるフレーズ30選

就職面接や新し部署に配属されたとき、新しいことにチャレンジするときなど「頑張る」と英語で伝えたいですよね。

本記事では、「頑張る」の英語表現をご紹介します。

kiminiオンライン英会話がおすすめの人
kiminiオンライン英会話

kimini英会話は「コスパ満足度が高い思う」「英会話初心者おすすめ」「子どもに受けさせたい」、オンライン英会話で3冠達成しているサービスです。

通学の必要もなく「高品質の英語」を学習することができます。

kiminiオンライン英会話がおすすめの人
  • 英語初心者で自信がない
  • オンライン英会話が初めて
  • 他のオンライン英会話で上手くいかなかった
  • ビジネス英語を学びたい

今なら月額1,078円から始められます
この機会にお試しレッスンで、高品質レッスンを体験してみてください。

【目次】 この記事でわかること

「頑張る」の英語表現

目標や目的、新しいことにチャレンジする際には、「頑張る」「これから頑張ります」など自分や他の人に向けて述べることがあります。

では、英語で「頑張る」とはどのように言うのでしょうか?

「頑張る」の基本表現

自分が頑張るときの「頑張ります」の基本フレーズは、以下の通りです。

I’ll try.

(頑張る。)

「頑張る」を表現する一番短いフレーズです。

I’ll do my best.

(ベストを尽くして頑張る。)

頑張ることを固く決心している気持ちが表れた表現です。

I’ll try my best.

(ベストを尽くす。)

「I’ll do my best.」同様、基本的な意味は同じですが、固い決心というよりは、(失敗するかもしれないけど)とりあえずやってみるニュアンスが含まれています。

よって、ビジネスシーンでは、前述した「I’ll do my best.」の表現の方が適切です。

I’ll give it a try.

(とにかく頑張る。)

こちらも「try」を使ったフレーズです。とにかく頑張ってみる、のニュアンスです。

I’ll give it a shot.

(挑戦してみます。)

「give it a shot」には、「挑戦してみる」の意味合いがあります。

気合のこもった「頑張る」の英語表現

上記でご紹介したフレーズでも「頑張る」気持ちは伝わりますが、ここではさらに気合のこもった「頑張る」のフレーズをご紹介します。

I’ll work hard.

(一生懸命、頑張ります。)

「work hard」は「一生懸命働く」の意味があり、「hard」を「harder」と比較級にすると「もっと頑張る」と表現できます。

I’ll put in all my effort.

(全力を注ぎます。)

「effort」には、「努力」「奮闘」「頑張り」の意味があります。

I’ll put in more effort.

(さらに努力をします。)

「my」を「more」に置き換えると、「さらに努力をする」意気込みを表現できます。

失敗したときなど次回に向けての抱負を述べる際に便利なフレーズです。

これからも「頑張る」の英語表現

今行っていることを今後も頑張る、と伝えたい「頑張る」のフレーズをご紹介します。

I’ll keep on trying.

(これからも頑張り続けます。)

直訳すると「挑戦し続けます」ですが、これからも頑張りたい、の気持ちを伝えたいときに使えるフレーズです。

I’ll try even harder.

(今までよりもっと頑張ります。)

「hard」を比較級「harder」にし、これからももっと頑張ることを表現できます。

I’m not going to give up.

(私は諦めません。)

「give」の前に「never」を入れ「I’m not going to never give up.」にすると、「絶対に」諦めない、という強い気持ちが含む表現になります。

その他の「頑張る」のニュアンスを含む英語表現

「頑張る」のニュアンスが含まれた英語表現は、以下の通りです。

I can do it.

(頑張る。)

直訳すると「私はできる」ですが、自分に言い聞かせる場合は「頑張る」のニュアンスが含まれます。

I will get it done.

(私は頑張ります。)

直訳すると「私は必ずそれを終わらせます」ですが、「頑張る」ニュアンスも含まれているので、特にビジネスシーンではよく使われています。

I believe in myself.

(私は頑張ります。)

直訳すると「私は自分自身を信じます」ですが、「頑張る」のニュアンスも含まれています。

I’ll continue to do my best.

(これからもベストを尽くして頑張ります。)

これからも頑張り続ける決意を表現したフレーズです。

I will not let you down.

(あなたをがっかりさせません。)

これには相手をがっかりさせないために頑張る、という気持ちが含まれています。

相手を応援する「頑張って」の英語表現

続いて、「頑張って」と相手を応援するときのフレーズをみていきましょう。

Go for it!

(頑張れ!)

直訳すると「それに向かって進め!」になりますが、「頑張れ!」と相手を応援するフレーズとして使えます。

Good luck.

(頑張って。)

「幸運を祈る」と訳されることが多いですが、「頑張って」のニュアンスで使われているフレーズです。ネイティブは、親指を立てたポーズをとりながら、このフレーズを述べるのが一般的です。

Don’t give up!

(諦めないで頑張って!)

仕事が順調でない人への励ましのフレーズとして使えます。

Take care of yourself.

(無理をしないでください。)

直訳すると「ご自身を大切にしてください」の意味ですが、無理せずに頑張ってね、のニュアンスも含まれます。

Keep it up.

(続けて頑張って。)

すでに継続しているときに使えるフレーズです。

Keep your chin up.

(頑張ってね。)

「keep one’s chin up」には「元気を出す」の意味があります。よって、落ち込んでいる人を激励するときに使える表現です。

I’ll keep my fingers crossed.

(頑張ってね。)

直訳すると「指を交差させた状態を維持する」ですが、これは「あなたの幸運を祈っている」の意味でよく使われています。

ネイティブは、中指を人差し指の上に乗せて交差させたポーズをとりながら、このフレーズをいいます。「頑張って」のニュアンスも含まれています。

Do your best.

(ベストを尽くしてね。)

「頑張ってね」のニュアンスが含まれた励ましのフレーズです。

Never say Never.

(頑張れ。)

直訳すると「出来ないと言うな」になりますが、「頑張れ」と励ましたいたい場合に使えるフレーズです。

I believe in you.

(あなたを信じているよ。)

「頑張れ」と励ましの気持ちが伝わる表現です。

I hope it goes well.

(うまくいくことを願っています。)

このフレーズもネイティブがよく使う相手を応援するフレーズです。

I’m sure you’ll do great.

(あなたなら絶対大丈夫。)

「頑張れ」の気持ちが伝わるフレーズです。

I’m always on your side!

(あなたの側には私が付いているよ!)

言われたら嬉しい、相手に安心感を与える表現です。

I’ll be OK.

(きっとよくなるよ。)

落ち込んでいる相手に元気ができるよう励ますフレーズです。「頑張れ」のニュアンスでも使えます。

まとめ

今回は「頑張る」と「頑張って」の英語表現についてご紹介しました。

励ましを必要としている相手に「頑張って」と声をかけることができるようご紹介したフレーズをいくつか覚え、ワンパターンにならないようにしましょう。

おすすめの初心者向けオンライン英会話

無料体験回数が豊富で気軽に始められるおすすめのオンライン英会話を紹介をします。

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

【目次】 この記事でわかること